子供用自転車のステッカー装飾を検証する「ピープル ケッターサイクル 14インチ」〜LEYTON HOUSE、Gulf〜

やっつけ工作

ステッカー装飾の検討

前回はキッズバイク(子供用ペダル無し自転車)をステッカー装飾しました。一度やってしまうと楽しくなって、次もやりたくなります。今回は購入してきた子供用ペダル有り自転車のカラーリングを確認し、どんなステッカー装飾が似合うのか検討したいと思います。

購入した子供用自転車

▼People(ピープル) ケッターサイクル 14インチ

Amazon.co.jp

いわゆる「へんしんバイク」

へんしんバイクは商標のようですが…。呼称「足けりモード」ではペダルやチェーンが外された状態、このモードでバランスを取る練習を十分にした後「ドライブユニット」=ペダルやチェーンを取り付け自転車に変身、ほら乗れたでしょ!です。

色はブルーミングターコイズ

サイズによって車体色が決まっているようです。

・12インチ=ブルーミングホワイト
・14インチ=ブルーミングターコイズ
・16インチ=ブルーミングレッド
・18インチ=ブルーグレイorラズベリー

▼ピープルのケッターサイクルのページ

ケッターサイクル® | Peopleじてんしゃ
あっという間に補助輪パスして、自転車イチバン乗り。”ケッターサイクルは、足けり遊びも自転車デビューもこれ一台。ご家庭でもカンタン!3分で完成、ペダル取付け機構で、お子様の「ペダル練習したい!」その瞬間を逃しません。

以下、この「ブルーミングターコイズ」の車体色をどう料理するか?を検討していきたいと思います。

色の組み合わせを確認

メインの車体色

フレーム全般やチェーンカバー等、面積の多い部分はこのブルーミングターコイズです。浅葱色(あさぎいろ)って言うのでしょうか?新選組の羽織のアレっぽいです。水色にちょいと緑色を足したような?感じかな。

タイヤの色

トレッド部分はもちろんゴムのツヤ消し黒なのですが、側面の部分、気分を出してフジテレビのF1の解説的に言うとサイドウォール部分がツヤ消し白色になっています。ピクサー映画「カーズ」でも主人公のマックウィーンがホワイトリボンを装着してましたね。レトロ、クラシックな感じを出す方向性です。

▼カーズ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー]

Amazon.co.jp

いろいろなユニット部分

ツヤ有りの黒です。保護者用のハンドルやペダル周り、前後のブレーキユニット、サドルのシートポストやサイドスタンドも黒です。

シルバー

スポークやハンドルポスト、ハンドルバーやベル、ネジの箇所がシルバーですね。自転車にしては少ないと思うので意図して減らしたのかな?

社名&商品のエンブレム

ここもシルバーをベースに良い感じの色使いでまとめてあります。これはこれでカッコいいですが、何かステッカー装飾する際は外したいとこですね。上手く剥がせるかな~。

サドルとハンドルグリップ

黄土色?クラシックな演出に~と、この色を選んだのでしょう。ハンドルグリップの部分とサドル、ブレーキレバーもです。思いっきり擦れる場所なのでどうにも彩色変更できないですね。

1、わざわざ別のモノを購入する?
2、キッズバイクのサドルを流用
3、ハンドルグリップはホームセンターに売ってるかな?
4、ブレーキレバーはどうにもならないな

ブレーキワイヤーのホース

この茶色も悩みます。たとえサドルやハンドルグリップの黄土色を変更しても、ブレーキワイヤーホースが茶色だったら興醒めです。が、ここを交換するのも面倒な作業だな~。

どんなステッカー装飾にしようかな?

だいぶ困難な道のりになりそうですが、前回のキッズバイク同様に、まずは目標とするカラーリングを検討しようと思います。今回はステッカー装飾はギブアップっぽいのでこの妄想を楽しもうと思います。

F1のレイトンハウス

90年頃のF1を文字通り彩っていました。意匠も素敵「かっこいいF1」を象徴するような形状です。浅葱色とは違う感じがしますが…ま、かっこいいので。

タミヤのプラモデル

プレミア価格ですね‥ボックスアートがカッコいいので見てください。いつ見てもアドレナリンが出ます。

▼タミヤ 1/20 レイトンハウス CG901B

Amazon.co.jp

どんなステッカー装飾をするか

メインの浅葱色に緑色の面に黄色でBPの文字、そして白ライン入れて赤文字のCARGLASSです。

▼レイトンハウスのサイトがあったのでリンク

https://www.sanseitrading.co.jp/leyton-house/

▼BP(ビーピー) エンジンオイル vervis (バービス) SPORT Racing 10W-50 4L 4輪ガソリン車専用全合成油

Amazon.co.jp

タイヤ周り、この時代のF1と言えばグッドイヤーです。そして、なんと言ってもホイールはオゼッタですね!しかもオレンジのリム、これは萌えますね!

▼GOOD YEAR メッシュキャップ フリーサイズ

Amazon.co.jp

▼OZ公式

Home - OZ Racing
Produttore cerchi in lega. Presentazione prodotti, risultati sportivi e gare automobilistiche.

「レイトンハウス」仕上がりのイメージ画像

問題点

少なくともハンドルグリップとサドルの黄土色は要変更ですが、ブレーキレバーはどうにもならない。加えてオゼッタのオレンジリムとタイヤウォールの白は合わないです。いくら何でもタイヤ交換まではしないよなー。

・社名&商品のエンブレム
・ハンドルグリップの黄土色
・サドルの黄土色
・ブレーキレバーの黄土色
・ブレーキのワイヤーホースの茶色
・タイヤ側面の白が似合わない

無理だ!オゼッタのオレンジリム、やりたかったなー。

Gulf!ルマンのGT40

自分が生まれる前のモノでこの時代の事情は全くわかりませんが、このカラーリングのGT40は車や模型雑誌によく登場するので有名だと思います。むしろミーハーな感じの存在なのでしょうか。

▼1/43 フォード GT40 1968年 ル・マン24 優勝

Amazon.co.jp

どんなステッカー装飾をするか

メインの浅葱色に太めのオレンジのラインです。カッコいい!白ゼッケンとGulfのロゴもなるべく大きくしたいな。

▼ガルフ アロー GT50 10W50Gulf

Amazon.co.jp

本当は無いけどタイヤ横の白は有りかな?Firestoneのロゴが似合いそうですし。ついでに茶色のブレーキホースも許容しちゃおうかな。

「Gulf」仕上がりのイメージ画像

問題点

・社名&商品のエンブレム
・ハンドルグリップの黄土色
・サドルの黄土色
・ブレーキレバーの黄土色

やはり黄土色が似合わない!オレンジがあるから余計に一緒に並べることができない!これは致命的です。

結論

この黄土色のサドルとハンドルグリップとブレーキレバーは大問題でした。まずは、これらの箇所の変更手段を模索してみたいと思います。残念ながら今回は保留、理想のイメージ画像を作ってみました〜って話しになりました。また何か進捗があったら記事にしたいと思います。

使用時の注意事項

ケッターサイクル購入時に同梱されていた使用時の注意事項の印刷物です。けっこう重要だと思うので記録に残しておきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました